Uncategorized

歯の噛み合わせによる体調の悪化

歯の噛み合わせが悪いと、とても小さなダメージでもそれが少しずつですが蓄積していって、やがて顎関節症や慢性的な肩こりなどの原因につながっていきます。

歯の噛み合わせの悪さによって、口の中全体のバランスが崩れていき、知覚過敏や、歯の揺れ、また歯槽膿漏、歯周病、虫歯、そして顎関節症などの病気の原因となる場合があります。アゴの位置がずれてしまい、アゴの関節に負担がかかってしまうため、関節に妙な負担がかかり、顎関節症を引き起こすことになるのです。顎関節症では、アゴを動かすとカクカク音がするようになります。放置しておくと、大きく口を開けた時にアゴに強い痛みが生じます。さらに悪化すると、口を開けること自体が困難になり、食事もろくにとれないということにもつながりかねません。

歯の噛み合わせの悪さは、それが奥歯への負担を増強させし、歯周病や虫歯、歯の割れなども引き起こします。虫歯の原因は、日頃の歯の手入れが悪いから起こると思いがちではありますが、それが意外なことに、実はその原因が悪い歯の噛み合わせによって歯に異常な力がかかることによって生じる場合もあるのです。

また歯の噛み合わせの悪さは、慢性的な肩こりや首のこり、また頭痛などの原因となることがあります。それは、歯の噛み合わせの悪さによって身体全体の重心がズレてしまい、やがては肩や首筋などに大きな負担がかかって起こるです。

噛むための筋肉というのは、首や肩などの筋肉と連動して動いています。歯の噛み合わせが悪いと、かたよった筋肉に異常な力がかかってしまい、血管や神経を不自然な圧力をあたえます。そのかたよったストレスが蓄積した筋肉を解消しようとして、人は無理な姿勢を取ろうとします。すると、全身のバランスもどんどんと崩れいき、やがて全身に影響がでてしまいます。

一般的に、肩こりや腰痛がおこると、整体院やカイロプラクティックへ行って治そうとしますが、仮にそこで一時的に治ってったとしても、歯の噛み合せが悪いという根本的な原因が解消されていないので、何回通院しようとも最終的に完治することはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です