歯周病の恐ろしさ

さて歯のトラブルというのは、虫歯だけではありません。
歯周病もまた歯に悪い影響を与えます。

歯周病が進行した場合、最悪のケースでは歯が抜け落ちてしまいます。
この歯周病というのはどういったものでしょうか。
じつは歯周病もまた、あのプラークがかかわる病気なのです。

 

歯と歯ぐきの間をキチンとブラッシングしていないと、そこにプラークがどんどんと蓄積していきます。
プラークの中には多種多様な雑菌が生息していますから、やがてその中の一部が歯ぐきの炎症となるトラブルを引き起こします。

この炎症が進行しますと、やがて歯を支えている骨にまで影響を与えます。
つまり虫歯は歯を溶かしますが、歯周病は歯を支えている骨を溶かしてしまうのです。
支えを失った歯は、グラグラになり抜け落ちていきます。
これが歯周病の恐ろしいところです。
ある意味では虫歯よりも怖いといえるでしょう。

 

歯周病には前兆がありますので、次のような項目に心当たりがある人は要注意です。

朝起きたあと、口の中がなんとなくネバネバする。
歯磨きをすると血が出る。
妙に口の中が臭くなった。
歯ぐきがむずがゆい。
歯ぐきが腫れている。
お煎餅などの硬い物が噛みにくくなった。
歯の長さが伸びたような気がする。
歯と歯の間が広がって、食べ物がよくはさまるようになった。

このような症状などで身に覚えがあるようでしたら、歯周病が始まっているのかもしれません。

 

歯周病の予防も、虫歯予防とかわりません。
原因はプラークですから、プラークをキチンと除去するよう普段から心がけることです。
口の中の雑菌は甘いものが大好きですから、甘いものをひかえましょう。

それから、プラークはネバネバとした物質を作り出しますから、口をゆすいだ程度では始末できません。
キチンとしたブラッシングをすることが大切です。
特に歯と歯ぐきの間を重点的に磨きましょう。