唾液の効果

噛めば噛むほど、唾液の分泌というのは促進されます。唾液には、それ自体に身体の健康に良い影響をあたえる機能があるばかりでなく、さまざまな成分が含まれており、それらが身体の健康に対してとても重要な意味を持ちます。

 

まず食べ物をよく噛んで唾液と混ぜることにより、食べ物を飲み込みやすくします。食べ物は、ただかみ砕いただけでは簡単に飲み込むことはできません。また、唾液の中にはアミラーゼという消化酵素が含まれており、糖質やでんぷんなどを体内に吸収しやすいように分解してくれます。

 

唾液は口の中の汚れを洗い流してくれます。これは唾液が液状であることから、口の中を自由に駆け巡って口の中を洗浄してくれるということです。これには、口のなかの細菌の繁殖を抑える効果を期待することができます。

また唾液は食べ物や飲みのの中に含まれる酸を中和してくれます。これは口の中を中性に保つはたらきがあるということです。また、唾液は歯の表面を「再石灰化」してくれる機能があります。これによって、むし歯を防ぎやすくしてくれるのです。

 

唾液のなかにはパロチンとういホルモンがふくまれています。これが多く分泌されると、肉体的、また内臓の発育にとてもよい影響をおよぼすといわれています。

リゾチームという成分も含まれます。これはばい菌に対抗する能力を持った酵素です。リゾチームはばい菌による感染から、私たちの身体を守ってくれます。また唾液中にはグロブリンという免疫も含まれます。これも、口の中のばい菌に対して様々な防御作業を展開していってくれます。

 

つまり、唾液は口の中を清潔にするだけでなく、身体を健康に保ってくれるという作用があるのです。