ブラッシング

虫歯で痛い思いをしたくないのであれば、お口の手入れをキチンとすることです。ブラッシングは、口のお手入れの基本です。ブラッシングを正しく毎日つづけることで、虫歯を予防することができます。

でもなぜブラッシングなのでしょう。

虫歯は、歯にこびり付いたプラークというばい菌のかたまりが原因です。ブラッシングは、このプラークを歯に付きにくくしたり、取り除いたりする効果が期待できます。しかしながら、正しくブラッシングするということが肝心です。ブラッシングしてもいい加減なやり方なら、虫歯の原因を取り除くことができません。ブラッシングは丁寧に正しく行いましょう。

 

まず、プラークをなんとかしなければなりませんから、プラークがどこに付きやすいかを知りましょう。プラークが多く存在するところは、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目、そして上の歯と下の歯の噛み合わせの部分です。

そのプラークが付きやすい部分のブラッシングのコツですが、歯ブラシを小刻みに動かしてこするというのが基本です。一度に何本の歯を磨こうとせずに、1~2本の歯を磨くつもりで、丁寧に磨きましょう。また、歯と歯ぐきの間には、キチンとブラシが当たるようにして磨きましょう。こういった磨き方を上手に行うには、歯ブラシを鉛筆を持つときのように握るとやりやすいです。

プラークは歯磨き剤を使用することで落ちやすくなりますので、できるだけ使いましょう。また、歯は食べた後や就寝前に磨きましょう。特に食後はプラークが酸性に傾きますので、食べた直後に磨くというのは虫歯予防に大切です。就寝時は唾液の分泌が少なくなりますので、就寝前に歯を磨くことによって虫歯予防の効果が上がります。